どうしても購入したいけど手が出ない空気清浄機と浄水機があったのですが、買えなくて我慢していました。

そこへ、知人の方からお金を貸してあげるから買った方が良い、無利子で構わないからという言葉に乗ってしまい、総額にして24万円を借りました。

毎月1万円ずつ振り込むという形で借りたので、返済額が大きいといった想いはあまり感じてはいません。

ただ、全て相手からの提案だったにも関わらず、会うたびに冷たい視線で見られているような気がして恐怖を感じています。


もちろん返せるものなら一括で返したいのですが、額がそれなりに大きいのでそれは難しいのです。

しかし、2年間かけて返していかなければならない、相手に2年間借りを作り続けるというのは相当なプレッシャーです。

もし、一度でも支払いが遅れてしまえば、さらに冷たい態度を取られてしまう可能性もあります。

返せないなんて自体が起きてしまったら、その人との人間関係が壊れてしまうと思うので、やっぱり軽い気持ちでお金を借りるべきではありませんでした。

この経験で、どうしてもお金が必要な時には、知人や友人などではなく、利子がついてしまったとしても、消費者金融に借りるべきだと痛感しました。